絶対打法と相対打法

絶対打法とは自分が見えてる牌だけをカウントしたうえで、打牌を選択、相対打法とは自分が見えてる牌+手出しや切り順、方向性を推測して自身の必要牌をカウントして、打牌を選択する打ち方です、序盤は絶対打法、中盤から終盤は相対打法で打つのが基本になります。

中途半端な降り方はしない

序盤に早いリーチでベタ降りになる展開は珍しくありません、ですが終盤になるにつれて配牌は不思議とまとまっていくものですが、サンマはシャボやカンチャン待ちが多いので、壁や初牌は危険度が高いです。余程の手以外、降りる時は徹底して降りましょう。逆に言えば最終形は50%以上当たると理解していても押すべきなんです。