まず、観察から

三人打ちで観察ってどうするのでしょうか? 簡単です期待値が高い先手以外は全て撤退です。 中途半端な手作りをしないで防御に集中します、そこから傾向と対策を練りましょう、攻防しないことで初見の相手の癖や好みの待ちが浮かびあがってきます、点棒状況によってどういう上がりをするか仕掛け方をするか、点棒の支払い方なんかでも対戦相手の熟練度や精神的なlevelも、おおよそですが測ることが可能です。

初心者の見分け方

まず点数計算ができません、さらに鳴き仕掛けが下手です安定してない配牌から鳴くので、防御も攻撃も不安定な為、粗いイメージですね。視野も狭い為、振り込みも多いです。

初心者を取りこぼさない為に

リーチのボーダーラインが若干下がります、何故なら初心者は受けが下手だからです。 振り込みたくない一心で手が良くても崩れるので安心して曲げれます、ある程度熱くなってきたら、ボーダーを下げて親でも両面以上を維持しましょう、安かろうが高かろうが猪のように突進してくるので形を大事にするのです。

初心者に囲まれたら

基本的には大物手がメインになります。(初心者は自分の配牌しかみないことが多いので)初心者同士だと、とにかく横移動が多い展開が続きます。巻き込まれないようにしましょう、自分の手が打点+好形で入ったら全面戦争です。相手が先行リーチでも無視で問題ありません。(愚形が多い) 大切なのは揺れない心です、チャンス手が流れても腐らず、冷静に対応しましょう。