自摸損(千点加府)か自摸損無し

色々なルールの違いの中で何に重点を最初におくかといえば自摸った時の支払いの違いです。サンマは押し引きのゲーム性が重要なので、この違いは大切です。 自摸損は四人打ちの点数計算を切り上げて、さらに1000点足したのが最終支払いで自摸損無しはそのまま二人損しないよう割り振った点数計算になります。 例  跳満  自摸損 4000・7000  自摸損無し4000・8000 倍満  自摸損 5000・9000  自摸損無し6000・10000 三倍満 自摸損 7000・13000 自摸損無し8000・16000 役満  自摸損 9000・17000 自摸損無し12000・20000 ポイントは自摸損有りだと振り込んだ後のフォローが大変なので、守備のボーダーラインが上昇するということです。