沈みウマの特性

関西でもっともポピュラーな沈みウマルール、35000点持ちの40000点返し。 簡単に説明すると40000点に満たないと支払いが発生するということ。持ち点が0点になるとトビでさらにマイナス10000点の素点が飛ばした人に与えられる。

大切なのはクビ(40000点)

オーラスに向けての目標は40000点 トップ目と点差がかなり離れていてもクビさえ確保できていれば全く問題ありません、飛ばしとクビ、さらに祝儀をあわせればトップより半チャン収支を上回ることも可能なのです。 例えば47000持ちでトップ目だが四巡目に花牌もしくわ抜きドラの北が三枚の他家からリーチがかかったとします、押すか引くか選択の時、現物や回る牌があるなら、引くのがサンマの正解。トップにこだわって強引に和了りに向かうことよりも、失点を少なくすることで、総合的な素点を保つのです。